2015.12.04
光産業創成大学院大学との連携

TOP研究開発体制とその進捗状況光産業創成大学院大学との連携

弊社の光事業は、平成20年に光産業創成大学院大学と一緒に共同研究を開始してスタートさせました。21世紀は光の時代と言われていますが、それを産業において実現することを理念に掲げた大学で、2015年で創設11年目になります。

社長である豊澤一晃は、4期生として入学。6年間在籍しながら、共同で装置を開発してきました。藤田先生と沖原先生にご協力いただき、当初は3人でのスタートでした。低出力の装置の試験から始め、今のように徐々に大きく展開してきました。

光産業創成大学院大学は、研究だけを目的とはせず、光技術をいかにビジネス化させるかという研究も兼ねている大学です。ビジネスになるような人材やアイディアと、共同開発、研究に取り組み、それを発展させるというところに重きを置いています。

本事業は、先生方に発展性を認められ、以来ご協力を頂き、進めて参りました。

藤田和久先生
http://www.gpi.ac.jp/research/teacher/professor-12.html
レーザー工学、宇宙工学、太陽光発電産業。

●沖原伸一朗先生
http://www.gpi.ac.jp/research/teacher/professor-08.html
開学当時から所属されている沖原先生は、レーザー加工技術の研究を行うと共に、光技術の産業化を普及させるために加工技術を学ぶためのセミナーを開催されるなど、レーザー技術の普及に尽力されています。